中国新聞掲載、Etak(イータック)でにぎわい復活へ

広島市中心部の繁華街、流川エリア。新型コロナの影響で客足が遠のいている現状に固定化抗菌成分Etak®(イータック)』が活躍しそうです。
流川エリア活性化協議会は、イータックの開発者・広島大学大学院 二川浩樹教授に協力を依頼し、『Etak®(イータック)』の使い方を映像収録されました。

この活動について中国新聞に掲載されました。
中国新聞(2020年11月3日版)

 中国新聞デジタル
中国新聞デジタル
https://www.chugoku-np.co.jp/localeco/article/article.php?comment_id=695859&comment_sub_id=0&category_id=113&fbclid=IwAR0rXTlHuDJnLNoYUc_j9_LhmCmPOupKaKMXfXhg7tQCV9_CRd0Li-CI2XI
中国新聞デジタルは中国新聞社が運営するサービスです。

二川浩樹教授が開発した固定化抗菌成分Etak®(イータック)』は持続性のある抗菌・抗ウイルス効果が特徴です。
7日間程度、その抗菌・抗ウイルス効果が持続されます。

またEtakの抗菌成分(塩化ジアルキルジメチルアンモニウム)がNITE(独立行政法人 製品評価技術基盤機構)により新型コロナウイルスに対して有効と判断されています。

これなら安心ですね。

ペット用の『Etak®(イータック)』はこちら

わんにゃんリキッド」は市販されている一般的な「モノ」に対する除菌剤とは異なり、「ペット(犬・猫)」に対しての効果を研究し開発していますので、ペットに付着したウイルス等の除菌にも安心して利用できます。

除菌剤には前述のすぐれた抗菌化作用のある固定化抗菌成分Etak®(イータック)』(特許成分)を配合しています。
Etak®(イータック)』はヒトの子供用マスクやベビー服にも応用されている安全な除菌剤です。

わんにゃんリキッド」は産学連携から生まれた製品で、広島大学歯学部二川教授が開発された特許技術を利用し、鳥取大学農学部共同獣医学科獣医外科学教室の岡本教授や鳥取大学産学・地域連携推進機構の産官学コーディネーターも参加した共同研究により、信頼ある研究成果に基づき製品開発されています。

 

わんにゃんリキッド製品情報
わんにゃんリキッド+スプレーボトル 40ml

わんにゃんリキッドを使ったペット(ペット用品)の除菌方法

ペットの体・手足を除菌するには、乾いた布やキッチンペーパーなどに「わんにゃんリキッド」を10滴程湿らせて2,3回に分けて体全身、前足、後足を拭いてあげてください。

キャリーバックなどのペット用品を除菌するには、乾いた布やキッチンペーパーなどに「わんにゃんリキッド」を適量湿らせ、全体を拭いてください。

 

ペットの口腔内の除菌には、「わんにゃんリキッド」3、4滴を手にとりそれをペットになめさせてあげてください。

(広告)新ロット分の販売開始

「わんサプリ」「にゃんサプリ」の新ロット製造分の販売を開始いたしました。

お買い求めは、最新製品でお得な直販ショップサイトわんにゃんサイエンス」をご利用ください。

■わんにゃんサイエンスamazon店

わんサプリ
にゃんサプリ
わんにゃんリキッド
わんにゃんリキッド+スプレーボトル

https://wn-s.jp/